アルプス信用探偵事務所

アルプス信用探偵事務所

※ご相談・お見積りは無料で承っております。

2020/08/10

スタミナが大事な仕事なので、この時期はやっぱりコレ!

土用の丑の日は、日本でも古くから浸透する日のひとつです。

この丑の日は、二十四節気のひとつ「立秋」の日の前およそ18日の中で、十二支が丑にあたる日を指します。

2020年は7月21日(火)、8月2日(日)の2日で、後者は「二の丑」と呼ばれています。

年によっては、丑の日が1日だけの場合もあり、毎年日にちが異なるのも特徴のひとつですね。

この土用の丑の日と言われて連想するのは、やはり鰻ではないでしょうか。

昔から土用の丑の日に鰻を食べる習慣が根付き、現在も全国的に続いています。

主な理由としては、夏バテを乗り切ることやスタミナをつけることなどが主に挙げられています。

由来も諸説ありますが、江戸時代に学者の平賀源内が鰻をこの時期に食べたことが発端と言われています。

当時としては、鰻は非常に栄養価の高いものとして重宝され、人々の元気の源となっていました。

現代では栄養豊富な食材は数々あるので、この特徴にピンと来ない人も多いかもしれません。

ですが、今も尚土用の丑の日=鰻という認識は残り続けており、その点はとても興味深いところですね。

一番身近な鰻の食べ方はうな丼やうな重だという人が多いようです。

濃いタレの味とご飯とがマッチし、とても美味しいと感じる人が多いですよね。

好きな食べ物として鰻を挙げる人が日本人で多いのも特徴として挙げられると思います。

また、スタミナをつけたり、夏バテにならないようにしたりすることにも、充分効果のあるものと言えそうです。

丑の日に鰻を食べるという習慣が定着していますが、必ずその日ではなければならないという訳ではありません。

なので、普段の食事で鰻を食べる機会が度々ある人もいて、日々のアクティブな暮らしの原動力にすることもよくあるとされます。

現在は鰻以外にも、スタミナをつけるための食材は色々なものがあります。

夏バテ、熱中症対策にも役立つので、普段の食事に効果的に取り入れてみることがオススメかもしれませんね。

牛肉や豚肉などは、身近なスタミナ食材として知られています。

多様な調理方法や料理のレシピがあるので、誰でも食べられるスタミナ食材と言えるのではないでしょうか。

幅広い年齢の人たちから、こういった食材が体力アップに役立てられています。

疲れが溜まっているときには肉を食べて元気を出すという人も多く、がっつり食べて夏バテ克服を目指すことも普通になっています。

肉以外にも、サバやアジなどの魚介類も、スタミナ回復や夏バテ対策には効果的です。

魚介類にはDHAが豊富に含まれていますが、体の疲れを取り除き、活力を引き出すことに効果を発揮します。

日本人にとって馴染みあるスタミナに良い食材には、いわゆるネバネバ系のものもあります。

納豆やオクラなども、タンパク質が豊富に含まれ、体の疲れの回復、体力強化に繋がります。

古くから鰻や肉、魚と共に愛されてきており非常に身近と言えそうです。

様々な職業の人たちが、夏場の時期をスタミナ食材で乗り切ろうとしています。

土用の丑の日の鰻も、まさにその意味がピッタリと当てはまるのではないでしょうか。

探偵事務所で勤務する探偵のプロも、ある意味ではスタミナ勝負のところがある仕事です。

そのため、7~8月に鰻を景気付けに食べて、元気に仕事をする探偵もかなり多いようですね。

仕事をしている間に体がバテてしまったり、疲れがかなり溜まったりすると、その後の探偵の仕事にも支障の出ることは避けられません。

食事の面でのコントロールがうまく行けば、それだけ仕事もうまく進むとも考えられるので、スタミナ系の食材をどんどん食べるのが良さそうです。

最近では、鰻も手頃な価格で食べられる場面が多くなりつつあります。

探偵にとっても嬉しい動きであり、前よりも食べる頻度は増したのかもしれません。

夏の疲れや夏バテは毎年悩まされるトピックなので、一人ひとりが気を付けながら乗り切ることが大事だと思います。