アルプス信用探偵事務所

アルプス信用探偵事務所

※ご相談・お見積りは無料で承っております。

2020/11/13

七五三のシーズンになりましたね。

11月15日の七五三は、子供たちの成長をお祝いする行事のひとつです。

 

日本では、昔からこの七五三の時期になると、お祝いを行ったり、地域の神社にお参りしたりすることが風習となっています。

エリアによってお祝いの習わしには少しずつ差があるものの、3歳になる男の子と女の子、5歳になる男の子、7歳になる女の子が、七五三ではお祝いされることが一般的ですね。

子供の成長を祝福する儀礼や習慣は複数ありますが、その中でも七五三は一番有名なものとなっています。

従来からの習わしでは、神社に参拝した際には祝詞をあげ、お祓いを受けることが多く実施されてきました。

 

また、その後には家族や親族を集めての会食の席を設けることで、皆でのお祝いを七五三に行うことも度々実施されてきたとされます。

現在は、七五三の時期に、神社に参拝を行うことでお祝いとすることが多く、都市部でもなじみのあるものとなっています。

 

お祝いを受ける子供たちは、和装で参拝をしたり、親族と共に集まったりすることが多いです。

その日の参拝に合わせて、和装のデザインや種類を決めておき、当日に着用して神社を参拝する流れが目立ちますね。

 

また、以前は男の子は紺色系統、女の子は赤色系統の和装が多い傾向にありました。

ですが、現在はこうした特徴も弱まってきており、子供や家族が中心となってデザインを決めることが一般的です。

七五三用の和装レンタルも、様々な業者からサービスとして提供されており、衣装選びも楽しめるのが特徴的ですね。

和装が七五三では中心的なものとなりますが、少しずつドレスやジャケットなどの洋装も見受けられつつあります。

カジュアルで現代的なデザインで、七五三の参拝行事を迎えることもスタンダード化し、衣装にも幅が出てきています。

 

七五三を迎えるにあたっては、和装などでの前撮りをすることも、現在はよくある光景となっています。

子供単独での撮影や、家族での集合写真など、形式も多様なものとなりつつあります。

家族にとっての記念や思い出として、前撮りで七五三をお祝いすることは、喜ばしいシーンとして挙げられますね。

 

写真館などで七五三の前撮りが実施されているので、手軽に依頼できる状況が作られています。

現在のような七五三の形式が確立されたのは、日本では約100年ほど前とされています。

それまでも七五三の風習は存在していましたが、現代よりもより大掛かりな祝い事として行われてきました。

 

荘厳な儀式として七五三を扱う機会はほとんどなくなってきたものの、現在も子供たちの成長と健康を祝う節目としては、大事に捉えられていると思います。

ここ最近は、SNSでも七五三を祝福したり、話題として挙げたりすることが多くなっています。

子供の成長をどんどんお祝いするムードになるので、喜ばしい動きとして度々取り上げられています。

11月の行事のひとつとしても、これからも七五三のお祝い
は毎年実施されていくでしょう。

 

探偵事務所で仕事をする探偵も、子供の頃に七五三のお祝いをしてもらったという人が多く見受けられています。

はっきりとは記憶になくても、神社に行ったり、お祝いをしてもらったりしたということをうっすら覚えている探偵もいるようです。

また、子供を持つ探偵が、自分の子に七五三のお祝いをして、これからの成長を祈念するというのもよくある動きとなっています。

 

普段の探偵の仕事に没頭していると、自分の子供の頃を思い返す機会は少なくなりがちです。

そんなときに七五三に関することを思い出してみると、初心に返る事ができるという探偵も多いようですね。

形式やスタイルが少しずつ変わってきても、七五三で子供たちのお祝いをする習慣は、きっと持続されるのではないでしょうか。