アルプス信用探偵事務所

アルプス信用探偵事務所

※ご相談・お見積りは無料で承っております。

2021/03/20

今年の修学旅行は今までと違うようですね。

 

小学生から高校生までのうちに、ほとんどの人が修学旅行を経験しているのではないでしょうか。

小中高で1度ずつ、修学旅行を経験することが多く、思い出に残っている人も多いかと思います。

 

修学旅行は、それぞれの学校によって行く場所や実施される時期が異なります。

特に多いシーズンは、4~5月の春の時期と、9~11月の秋の時期であるとされています。

気候的に快適な時期を中心に、学生の修学旅行が実施されており、子供の頃の思い出のひとつになることが多いようですね。

 

普段生活する地域から遠出して、全く違った環境で数日間過ごすことで、それまでに経験したことのない時間を過ごすことが大きな特徴として挙げられます。

親元を離れて、学校の仲間と行動するのが修学旅行で初めてということもよくある事例であり、その時間を楽しむことも修学旅行の醍醐味のひとつですね。

 

修学旅行の行き先は、国内の違うエリアに設定されることが多く、飛行機や新幹線などでの移動が目立っています。

そのため、公共交通機関の使い方を体験する機会にもなり、大事なポイントとして捉えられています。

住む地域とは違ったエリアに移動して行動することによって、訪れた先の環境や空気を肌で感じられるので、学校行事の中ではかなり大きな意味を持っています。

学校によっては、修学旅行の訪問先を海外に設定することもあり、国外に飛び出して行動することもあります。

海外での研修や行動に関しても、初めて体験する人が多いことから、普段なかなか経験できないこととして、有意義であると言えるでしょう。

 

日本から出ての修学旅行では、外国語の習得を目的に据えたり、海外の文化に触れることを目的としたりするなど、多様な考えがあるようです。

数日間の行動で、様々なことが経験として得られ、次の学校行事に繋げられるものであるとも多くの生徒に認識されています。

修学旅行では、班別行動やグループ別での研修も、取り入れられることが多いのが特徴的です。

数名単位で班分けをした上で、その班ごとに行動や研修を進めるというものです。

クラス単位とはまた違った形式で、別のクラスの人とのグループ形成もよく行われています。

普段の学校生活ではあまり交流がない生徒との交流にも直結することから、修学旅行で実践されることが多いですね。

 

日程の一部に、班別研修を取り入れることがよくある例として挙げられ、班ごとに行き先を設定することもポピュラーです。

このようなグループ別の見学や行動は、修学旅行の前から準備や計画を進められるのが主流です。

数か月前から、グループ別に計画や準備をする時間を作りながら、当日の行程を固めていきます。

事前の調査や、当日を想定した計画の決定など、修学旅行の本番と同じように重要な取り組みとして位置付けられるようです。

班別でこういった時間が設けられることで、生徒同士のコミュニケーションもスムーズになりやすいですね。

 

普段とは違うスタイルでの学習や行動が主体になる修学旅行は、思い出になると共に社会勉強の一部にもなります。

実体験として様々な行動をすることによって、その後にも役立つところも出てくると思います。

遠出しての学習活動については、今探偵事務所で働く探偵たちにとっても大きな経験になったと感じられています。

 

修学旅行でそれまで行ったことのない場所に行くことで、外での活動が楽しいと感じ、探偵になるひとつのきっかけになった例もあるでしょう。

子供たちにとっては、その時の大きな思い出として修学旅行の活動が記憶に残りますが、大人になってからの行動にも多少の影響を与えるのかもしれません。

周りの人とのコミュニケーションの大切さや準備の大事さも実感できるので、大事な学校行事とも言えそうですね。